食洗機はいらない?必要?7年間いらない派だった我が家が導入した理由

食洗機、気になるけど…買うべき?

洗い物は確かに大変…。けど出来るっちゃ出来るし、購入の決定的な動機がないかな?

この記事がおススメな方

✔ 食洗機を実際に購入するキッカケになったのは、どんなタイミング?

✔ どんな風にメーカーを選んだの?

✔ どういった製品があるのを簡単に知りたい。

我が家は子供が生まれてからの7年間、食洗機なし生活でしたが、この度導入を決定しました。購入に至ったキッカケ・考えをお伝えします。

まず簡単に我が家のスペックを。

  • 4人家族、共働き(奥さんは週3~4日パートタイム)
  • 子ども2人(小学生・幼稚園年長)
  • 僕はサービス業で土日は基本仕事
目次

食洗機はいらない?必要?我が家は「いらない派」だった

過去に食洗機を検討しなかったわけではありません。我が家が食洗機の購入をためらっていた理由は、

  1. 本体の値段が高い
  2. 予洗いが必要?
  3. 食器を食洗機にセットしている間に、洗い物ができてしまうのでは?

何よりも10万近くする本体の価格が一番のネックでした。ひとまず「いつか買おう」なんて言ってそのままでした。

しかし、食器洗いを少しでもラクにするために、作り終わって一度洗う、食べ終わってもう一度洗うなんてこともザラ。また、食器をいかに少なくするように料理を作るか、という思考にも陥ってました。

それだけでも料理に対するゆとりが減って、余裕を持てない時もあるでしょう。

食洗器「いらない派」→「いる派」になった理由

ということで、長男が生まれてからの7年間は時短家電も導入していませんでしたが、遂に…遂に食洗機の導入を決意!

理由は簡単で、少しでも家事の負担を減らすべく!食洗機はどこかで「贅沢品」と思ってましたが、それどころじゃない。

子の成長に伴い、家事が増える

奥さんもパートに出るようになり、小3の長男も習い事も始まったりで、ワンオペ育児がずっと継続している状態。

特に仕事が終わってからの習い事 → 習い事が終わってからの夕方~20時頃までが家事の要所。それに加え、

  • 風呂
  • 洗濯
  • 歯磨き
  • 寝かしつけ

までもこなす。

多数の家事を一人でこなすのは限界がある中での、食器洗い…さすがにきつい!

食器洗い = 料理の一環 → 「一番遅く食べ終わる僕のルーティン」へ

家事が大変な時は、食器洗いを置いといて!帰ってからやるから!

気持ちはありがたいけど、そういうわけにもいかない(;_;)

食洗機は何度も何度もその都度洗うものではありませんよね?

だから「仕事から帰って食器を入れ、最後にスタートを押す」ので、割り切って置いておくことが出来ます。

横目で食器を見ながら、「…あぁやっぱり気になるから洗おっか…」という考え自体を無くすことができます。

パナソニックの「据え置き型卓上式」の一択!

そこで、候補として選んだのはパナソニックの据え置き型卓上式!

パナソニック一択の理由
  • 国内シェアがダントツNo.1
  • 開発ノウハウが詰まっていて、安心できる為
  • 置くスペースが確保出来そうな為
  • ビルトインは工事が必要 → 高額

国内シェアがダントツNo.1

シェアが多いという事は、それだけ製品のサポートや、関連製品・ネット上の情報も多いということ。

やはり高い買い物なので、沢山の人に使われている製品の方が信頼できます。

開発ノウハウが詰まっていて、安心できる

パナソニックがそもそも市場シェアNo.1になったのは、研究開発をやめなかった為。

とにかく使い手目線に徹底しており、未だにカゴ(食器を置く台)の研究開発をしています。

そんな熱心なメーカーから買いたいと思いました。

置くスペースがなんとか確保できそうだった

我が家は築20年のマンション。キッチンはワイドタイプだけど、カウンターの無い壁に沿ったキッチン。

それでも食器の水切りカゴを置いていたスペースに設置できそう!という事で、決定しました。

ビルトインは工事が必要 → 高額

ビルトイン式はシステムキッチンに埋め込む分、スッキリするのでキレイ!ですが、やはり高額でリフォームを検討する段階でも良いかな?と思いました。

候補に上がった食洗機「3選」

我が家はコスパも考えて、ミドルクラスのNP-TH4にしようかな?と考えていましたが、庫内除菌&消臭の「ナノイーX」が気になり…NP-TZ300も視野に入れて検討を始めました。

我が家の食洗機選びで、絶対に外せなかったポイント
  • 食器点数40点は必須
  • 子供の水筒も洗いたい
  • 庫内にニオイが溜まらない方が良い
  • 基本は朝、夕の2回洗う想定

という要望で、必然的に上位のNP-TZ300か、ミドルのNP-TH4で絞られました。機能だけでいうと2つの違いは、ナノイーXが搭載されるか?と、自動ドアオープンがあるのか?の違いだけ。

つまり予算さえ許せばTZ300を選ばない理由がなくなった。

NP-TZ300

出典:パナソニック公式HP
NP-TZ300の特徴
  • 食器点数40点
  • ナノイーX搭載
  • ストリーム除菌洗浄
  • ボトルホルダー搭載
  • 80℃高温すすぎ
  • 低温ソフトモード
  • 自動ドアオープン(クローズは手動)
  • ECONAVI搭載
全機能搭載の上位モデル

NP-TH4

出典:パナソニック公式HP
NP-TH4の特徴
  • 食器点数40点
  • ストリーム除菌洗浄
  • ボトルホルダー搭載
  • 80℃高温すすぎ
  • 低温ソフトモード
  • スピーディ洗浄
  • ECONAVI搭載
ミドルクラスでも、機能十分!

NP-TA4

出典:パナソニック公式HP
NP-TA4の特徴
  • 食器点数40点
  • ストリーム除菌洗浄
  • ボトルホルダー搭載
  • スピーディ洗浄
ベーシックなモデル!

以上、家庭の予算委員会で検討に検討を重ねた結果、上位のNP-TZ300を購入することとなりました。

(奥さんを多少は説得しましたが、ねw)

まとめ

他にもスリムタイプの食器点数少な目の機種もありますが、今回はパナソニックの中での「レギュラータイプ」分類の3製品の中から、我が家がなぜNP-TZ300を購入に至ったかをご紹介しました。

子育て世帯の方は特に、食器点数40点は必須なのではないでしょうか。

大は小を兼ねます。

一気洗いを検討している方は、やはりナノイーXは庫内除菌・消臭で少しでも安心して食器を放置でき、

余った手間を他に回すことができます。

これを機に食洗機選びのご参考になればと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次